スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

マリッジリング

2008年05月25日(日)

渡辺淳一原作、という事で借りてみました。


失楽園、愛の流刑地と、濃い映画を観てきましたが
一転、これはなんだろう。って感じです。




結局は不倫の物語なんですが
主演の小橋めぐみさんって方、どうしても魅力が薄く・・・

他の渡辺淳一原作映画と言えば、色っぽい女優が出ていたもんですが
なんていうか、そこらにいる人が、演じていて
引き込まれなかったです・・・
(そこがいいところなのかもしれないけれど。)


25歳の女性が、彼氏がいるけれど
新しく配属された上司と体の関係を持ってしまう話し。

映画でも現実でもよくある話しだと思うんだけど
だからこそ、もっともっと濃くしてほしかった。



ひとつ、共感できるのは
妻がいる男性と付き合うときは
気にしていなくても、男性の指輪は気になるものですよね。
普段ははめているのに
会うときにわざわざ外すような男は
気配りの出来る男ではなく
余計にオンナを傷つけてしまうんですよ、ね・・・。


★☆☆☆☆
スポンサーサイト
22:04  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

自虐の詩

2008年05月25日(日)

監督:堤幸彦

中谷美紀、阿部寛主演です★
原作は、4コマ漫画です。

私は原作でもなく映画でもなく
最初に中谷美紀さんが映画撮影中に書いたエッセイを読んで
この作品に興味を持ちました♪



映画は、なんか、、、うん。
幸せって、そっか、そういうもんか。って思える作品なんですけど。

健気な女性を演じる中谷さんと
無口でぶっきらぼうながら、愛がある阿部さんに
思わず引き込まれちゃいます。

最後の最後、エンドロールのあとに
ほっこり優しい気持ちになれる、映画・・・そんな感じです。

★★★☆☆
21:56  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

腑抜けども、悲しみの愛をみせろ

2008年05月14日(水)

良かったぁ~♪
意外と濃い映画でした★

両親の死をきっかけに

兄嫁


がそれぞれに生きている映画でした(*´ー`*)



佐藤江梨子演じる
「女優」である姉はひどく
自分勝手なように見えるけれど
夢を追って騒いでる印象。
しかし本当にハマリ役!って感じで思わず見入っちゃいました。


すごく、引き込む映画で
映像も魅力的でついつい楽しんで観ちゃいました☆

サトエリちゃんもハマリ役だったけれど
兄嫁役の永作博美がやけに色っぽかったぁ~(*´ー`*)
もちろん、サトエリちゃんのナイスボディは色っぽいんだけど
なんていうか、健気で永作さん独特のふんわかオーラが
たまらないっていうか・・・・(*´ェ`*)


割と良かったですd(。ゝェ・´)

★★★★☆
07:32  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Prisoner Of Love

2008年05月07日(水)

宇多田ヒカルの【Prisoner Of Love】

ドラマ、ラストフレンズの主題歌なんですが
相変わらず、宇多田ヒカルさんの歌に
引き込まれます~★



歌詞を見ていたら
胸がキュンと苦しくなるような・・・

ドラマにマッチした、すごく魅力的な歌で
ついつい口ずさんでしまいます(ё_ё)


★★★★★

テーマ : 女性アーティスト - ジャンル : 音楽

22:56  |  音楽  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。