スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

サヨナライツカ(小説)

2010年04月01日(木)

あまりに、サヨナライツカという
映画の宣伝をテレビで観ていて。

映画館には行けないが
まぁ、原作を読んでみよう、そう思って
手にとってみました。

辻仁成は好き、というか
読みやすい印象です。


あっという間に2時間もあれば
読みきれちゃう小説だったんだけど
あまりドキドキはしなかった。

こういう恋愛をしてみたい、とも思えなくて。


だけど、読後に残ったのは
私だったら、死ぬときに
愛された事を思い出すのか
愛した事を思い出すのか・・・と
とても考えてしまいました。




サヨナライツカ (幻冬舎文庫)
★★☆☆☆

映画も、DVDが出たら
観てみようかなー・・・・・
スポンサーサイト

テーマ : 恋愛小説 - ジャンル : 小説・文学

22:19  |  ほん  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

生協の白石さん

2009年02月02日(月)

★★★★☆

つい先日ニュースで

「生協の白石さん、顔出し!」

というのを見て。。。



そういえば、うちにもあった!
と思い出して、久しぶりに読んで見ました。


東京農工大学の生協を舞台に
「ひとことカード」
で生徒とコミュニケーションをとる白石さん。



【ロックの三大要素をおしえて下さい←200字以内】

と言うカードに

【焼酎・梅酒・ウイスキー。】

と、的確に答える白石さん。

素敵です。



テーマ : 読んだ本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

09:46  |  ほん  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

文房具さんぽ

2008年12月28日(日)

【文房具さんぽ】



木下綾乃さん著。

お手紙すきな方には
木下綾乃さんがすきって方
多いんじゃないかしら?

私も大好きです(*´ー`*)



この本は、木下さんの
文房具への愛が
たっぷりと詰まった、そんな本。

面白いです。

テーマ : 図書館で借りた本 - ジャンル : 本・雑誌

16:44  |  ほん  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

素敵な老いじたく―姑(はは)の残してくれたもの

2008年07月05日(土)

集英社より、吉沢 久子著。


老いるには、まだまだ!!と
私自身は思っていても
22歳になり、結婚を控え
どういう風に年を重ねて生きたいのかな?

と思っていた時に、手にした本です。

母が読んでいた本ですが
あっさりと私も読んでしまいました。


女性には是非読んで頂きたいですし
そして1度ならず、年を重ねていったときに
思い出したときにまた、読んでみたい本でもあります。



素敵に老いたいですよね。

現実は、物忘れが激しくなったり
呆けてしまったり・・・・が
あるとしても。

それでも、気丈に、自分らしく女らしく
生きたいと思います。

★★★★☆
13:10  |  ほん  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。